2016プロ野球FA動向

2016年12月11日

巨人の補強動向

今オフの巨人は大補強を断行していますが、ここで少しまとめてみたいと思います。

FA
獲得
山口俊(DeNA) 投手(先発)
森福允彦(ソフトバンク) 投手(リリーフ)

FAでオファー(ほぼ確定?)
陽岱鋼(日ハム) 外野手(センター)

新外国人
マギー(元楽天) 内野手

合意間近
カミネロ 投手(ストッパー候補)

トレード
吉川光夫(日ハム) 投手(先発)
石川慎吾(日ハム) 外野手
柿沢貴裕(楽天) 内野手

これを見ると、確実に弱点を補強してますね。
今年の巨人の良くない点は色々ありましたが、まともな先発投手が怪我人が出たこともあり菅野と田口の二人しか、まともに働いてませんでしたから、山口と吉川の二人が入り層が厚くなりました。

そして、リリーフ投手では左の山口が、力が落ちているのか勤続疲労なのか、明らかに良くなかったので、森福が入って負担が軽減できるでしょう。あと合意間近のカミネロが獲得できれば、澤村劇場対策になるかもしれません。

内野手では、1、3塁は阿部、村田のベテランコンビだと1年間というか来年もしっかり打つかわからんのでマギー獲得はかなり保険になるでしょう。3人のうち1人は代打の切り札に使えます。今年は、高橋、井端が引退して代打の層が完全に落ちてしまって、実はこれで接戦をとる勝数が去年から減ったのではないかと思っています。クルーズ次第ですが、セカンドはドラフト1位の吉川を我慢して使えると良いんですがね。

しかし、これだと岡本の出番がとなってしましますが、これを超えてレギュラーとって欲しいです。

外野は、センターに陽岱鋼が入って安定して働けば、ライトとレフトを長野、ギャレット、若手外野手で上手く回せるのではないでしょうか。



posted by ごん at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック