2016プロ野球FA動向

2006年10月31日

FA情報:オリックス的山がFA残留


現状のFA動向
小久保 裕紀(巨人)  FA権行使決定的、ソフトバンクか?
小坂 誠(巨人)    行使せず残留
石井 一久(ヤクルト)
今岡 誠(阪神)
黒田 博樹(広島)   FA権行使?巨人、阪神、中日、カブスが興味を示す。
小笠原 道大(日ハム)
岡島 秀樹(日ハム)  FA権行使
西口 文也(西武)   残留決定的
江藤 智(西武)    行使せず残留
高木浩之(西武)    行使せず残留
福浦 和也(ロッテ)
サブロー(ロッテ)
塩崎 真(オリックス) FA権行使
谷 佳知(オリックス) 残留の方向
日高 剛(オリックス) FA権行使 ソフトバンクが獲得へ
的山 哲也(オリックス)FA権行使して残留
礒部 公一(楽天)   FA権行使
posted by ごん at 03:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

FA情報:オリックス日高FA宣言へ

現状のFA動向
小久保 裕紀(巨人)  FA権行使決定的、ソフトバンクか?
小坂 誠(巨人)    行使せず残留
石井 一久(ヤクルト)
今岡 誠(阪神)
黒田 博樹(広島)   FA権行使?巨人、阪神、中日、カブスが興味を示す。
小笠原 道大(日ハム)
岡島 秀樹(日ハム)  FA権行使
西口 文也(西武)   残留決定的
江藤 智(西武)    行使せず残留
高木浩之(西武)    行使せず残留
福浦 和也(ロッテ)
サブロー(ロッテ)
塩崎 真(オリックス) FA権行使
谷 佳知(オリックス) 残留の方向
日高 剛(オリックス) FA権行使 ソフトバンクが獲得へ
礒部 公一(楽天)   FA権行使
posted by ごん at 10:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

FA情報:岡島がFA権行使へ

日本ハムの岡島投手が27日、今季取得したフリーエージェント(FA)権を行使する考えを明らかにした。「自分を必要としてくれるところがあれば、いろいろな球団と話をしてみたい」と語った。 

現状のFA動向
小久保 裕紀(巨人)  FA権行使決定的、ソフトバンクか?
石井 一久(ヤクルト)
今岡 誠(阪神)
黒田 博樹(広島)   FA権行使?巨人、阪神、中日、カブスが興味を示す。
小笠原 道大(日ハム)
岡島 秀樹(日ハム)  FA権行使
西口 文也(西武)   残留決定的
江藤 智(西武)    行使せず残留
高木浩之(西武)    行使せず残留
福浦 和也(ロッテ)
サブロー(ロッテ)
塩崎 真(オリックス) FA権行使
谷 佳知(オリックス) 残留の方向
礒部 公一(楽天)   FA権行使
posted by ごん at 01:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

今年のジャイアンツ 投手編

チーム防御率 3.65(リーグ3位)

主な先発投手の成績(投球回数順)
「名前、防御率、勝、負」
内海哲也    2.78 12勝13敗
パウエル    3.31 10勝10敗
上原浩治    3.21 8勝9敗
西村健太朗   3.53 5勝7敗
グローバー   4.97 5勝7敗

主なリリーフ投手の成績(試合数順)
林昌範     2.88
久保裕也    3.08
豊田清     3.32
高橋尚成    4.94
真田裕貴    3.86

今年の投手成績は去年に比べて格段に良くなりました。
去年の最悪のチーム防御率4.80からリーグ3位の3.65に
1点以上改善されています。

先発投手では、やはり内海の成長が大きかったですね。
防御率、勝数、投球回数ともにチームトップでした。
来年以降も順調に成長していって欲しいところです。

先発の内海が防御率2点台、上原、パウエルが3点台と
去年に比べて先発投手はだいぶ安定しました。
勝数より負数が多いですが、これは打線の弱さの問題でしょう。

また来年に向けては、今年終盤に活躍した姜建銘がローテンション
に入ってくる可能性が大で、あと西村、木佐貫、野間口などの若手から
1、2人出てくると面白くなります。

次にリリーフ投手人ですが、去年よりはましになりましたが、
満足できる結果とはいえないでしょう。
今年加入した豊田は最初の頃は、なんとかやってましたが、
結局13セーブで、後半から高橋がクローザーでがんばりましたが、
来年以降もうまくいくかどうかは疑問が残ります。

主なリリーフ投手の防御率があと1点以上よくならないとダメです。
他のチームのリリーフ投手の防御率を見てみると
岩瀬仁紀(中日)1.30
永川勝浩(広島)1.66
クルーン(横浜)3.00
藤川球児(阪神)0.68
高津臣吾(ヤクルト)2.74
良い投手は1点台、藤川球児にいたっては1点以下です。
1点台1人、2点台2人いると磐石なのですがね。

来年に向けては、ローテーションに入らない若手の中から
良い中継ぎが出てきてくれると大きいのですがね。
また、クローザーをどうするのか、豊田が復活できるか、
高橋でいくのか、私は巨人の中では上原が一番あってる
と思うんですがね。まあ、ないか。。。
posted by ごん at 04:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

<李スンヨプ>来季も巨人に残留 球団が発表

巨人の李スンヨプ内野手(30)が来季も巨人に残留することが23日、決まった。球団が発表した。同日、李が代理人を通して球団側に残留を決意したと伝えた。米大リーグ移籍にも興味を示していた李は球団広報を通じ、「巨人に残って日本一を目指すことに決めた。必ず原監督を胴上げしたい」とコメントした。


これで1塁は、問題なしですな。あとは小久保ですな。
posted by ごん at 22:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

ポスティング情報:岩村はパドレス有力

パ軍は不振のカスティーヤを7月下旬に解雇。
デビルレイズから獲得したブライアンは18本塁打も打率・228に終わった。
安定した三塁手を求めている。


松坂大輔(西武)   
ヤンキース、メッツ、レッドソックス、ドジャース、マリナーズなど。
獲得移籍金は最低23億円を下らない。現状35億円とか。


岩村明憲(ヤクルト) 
パドレスはじめ8球団が視察。
posted by ごん at 08:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FA情報:江藤(西武)はFA権行使せず残留

西武でフリーエージェント(FA)の権利を保有している江藤智(36)は、
FA権を行使せずに残留。
また、楽天の磯部、オリックス塩崎は行使する意向。

現状のFA動向
小久保 裕紀(巨人)  FA権行使決定的、ソフトバンクか?
石井 一久(ヤクルト)
今岡 誠(阪神)
黒田 博樹(広島)   FA権行使?巨人、阪神、中日、カブスが興味を示す。
小笠原 道大(日ハム)
西口 文也(西武)   残留決定的
江藤 智(西武)    行使せず残留
福浦 和也(ロッテ)
サブロー(ロッテ)
塩崎 真(オリックス) FA権行使
谷 佳知(オリックス) 残留の方向
礒部 公一(楽天)   FA権行使

posted by ごん at 08:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

FA情報:黒田取りにMLBカブスも参戦

FA資格を取得した黒田投手(広島)にMLBのカブスも参戦の模様。

現状のFA動向
小久保 裕紀(巨人)  FA権行使決定的、ソフトバンクか?
石井 一久(ヤクルト)
今岡 誠(阪神)
黒田 博樹(広島)   FA権行使?巨人、阪神、中日、カブスが興味を示す。
小笠原 道大(日ハム)
西口 文也(西武)   残留決定的
福浦 和也(ロッテ)
サブロー(ロッテ)
礒部 公一(楽天)


posted by ごん at 05:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

FA情報:2006年度フリーエージェント資格選手公示

主な資格選手
小久保 裕紀(巨人)
石井 一久(ヤクルト)
今岡 誠(阪神)
黒田 博樹(広島)
小笠原 道大(日ハム)
西口 文也(西武)   残留
福浦 和也(ロッテ)
サブロー(ロッテ)
礒部 公一(楽天)

小久保、黒田、小笠原あたりの動向が注目されます。

全選手はNPBページでどうぞ。
posted by ごん at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006FA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006プロ野球タイトル

セ・リーグ
最優秀防御率投手 黒田 博樹(広) 防御率  1.85 初
最多勝利投手   川上 憲伸(中) 勝利   17 2年ぶり2度目
最多奪三振投手  川上 憲伸(中) 奪三振  194 初
  〃      井川 慶 (阪) 奪三振  194 2年ぶり3度目
最多セーブ投手  岩瀬 仁紀(中) セーブ  40 2年連続2度目
最優秀中継ぎ投手 藤川 球児(阪) ホールド 35 2年連続2度目
  〃      加藤 武治(横) ホールド 35 初

首位打者   福留 孝介    (中) 打率  .351 4年ぶり2度目 
最多本塁打者 タイロン・ウッズ (中) 本塁打 47  2年ぶり3度目 
最多打点者  タイロン・ウッズ (中) 打点  144  初 
最多盗塁者  青木 宣親    (ヤ) 盗塁  41  初 
最高出塁率者 福留 孝介    (中) 出塁率 .438 2年連続3度目 
最多安打者  青木 宣親    (ヤ) 安打  192  2年連続2度目 


パ・リーグ
最優秀防御率投手 斉藤 和巳   (ソ) 防御率  1.75 3年ぶり2度目 
最優秀投手    斉藤 和巳   (ソ) 勝率   .783 2年連続3度目 
最多勝利投手   斉藤 和巳   (ソ) 勝利   18 3年ぶり2度目 
最多セーブ投手  MICHEAL (日) セーブ  39 初 
最優秀中継ぎ投手 武田 久    (日) ホールド 45 初 
最多三振奪取投手 斉藤 和巳   (ソ) 奪三振  205 初 

首位打者  松中 信彦  (ソ) 打率  .324 2年ぶり2度目 
最多安打者 大村 直之  (ソ) 安打  165 初 
最多本塁打 小笠原 道大 (日) 本塁打 32 初 
最多打点  小笠原 道大 (日) 打点  100 初 
  〃   A・カブレラ (西) 打点  100 初 
最高出塁率 松中 信彦  (ソ) 出塁率 .453 3年連続3度目 
最多盗塁  西岡 剛   (ロ) 盗塁  33 2年連続2度目 

やっぱり、ほとんどがAクラスのチームの選手が獲得してますね。
セ・リーグは中日が、パ・リーグはソフトバンクと日ハムが多いですね。
posted by ごん at 06:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

ブログタイトル変更

はじめてのブログ→やきゅうでいってみよう+いろいろ

いつまでもはじめてのブログでは、しょうもないので。
posted by ごん at 05:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

<小久保裕紀>FA権行使を正式表明

巨人の小久保裕紀内野手(35)は17日、04年に取得していた
フリーエージェント(FA)権を行使することを正式に表明した。

やはり、予想通りFA宣言して移籍することになりそうですね。
希望球団については明言をさけたようだが、ソフトバンクにきまってるだろ、
このやろ!!
まあ、仕方ないでしょう。巨人に来た経緯が経緯だけにね。さようなら。

これで、巨人は日ハム小笠原取りに動くんでしょうな。
まあ、いまだったら小久保より良い成績を残す可能性は高いよな。
右打者が減るのが痛いけどね。
右打者の外野手の外国人を補強する必要ありだね。

posted by ごん at 21:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

日米野球辞退者続出

日米野球の出場辞退者が続出しているようです。
大会事務局は16日、藤川(阪神)岩村(ヤクルト)松中(ソフトバンク)
の出場辞退を発表した。

これに野村監督がぼやいている。たしかに、その気持ちもわかる。
本当に怪我などならばしかたがないが、岩村などはメジャーに行きたい
といっているのに出ないのか?
ようは、シーズンでなきゃ金にならないから出ないよってことなんだろうが、
なぜ高額の年棒を受け取れているか考えたほうがよい。
野球の能力があるからだけではないのだ。プロ野球を頂点とした巨大の野球市場
があるから高額の年棒が受け取れるのであって、これが小さな市場であれば
いままでのような高額な年棒をとれないのである。
他のプロスポーツと比較すれば、格差は歴然である。

そう考えれば、オールスターや日米野球など野球界の人気向上に貢献する
必要があるということがわかるはずである。
その辺りを、選手は考えて欲しいものだ。
posted by ごん at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

今年のヤンキース

今年のヤンキースは、地区シリーズで1勝3敗で破れました。
2戦目にムシーナで負けたときにやばい感じがしましたが、
案の定ずるずるいって、敗戦となりました。

敗因を簡単に考えてみると、
1.先発投手の弱さ
2.スモールベースボールと言っていたわりには、やっぱり1点を積み重ねる
  野球が出来てない。

まず、先発投手だが、頼りになるのは王とムシーナだけで、
ジョンソンは17勝したのが不思議なくらいの5点に近い防御率だし。
ライトはやっぱりダメライトだし。せめて、あとひとり王とムシーナ
なみの先発がいれば、展開が変わっていたかもしれません。

王建民     3.63 19勝 6敗
M.ムシーナ  3.51 15勝 7敗
R.ジョンソン    17勝

また、打線の方だが、やっぱり1点づつ積み重ねる点の取り方が
出来ていない。シーズン中ならそれでもよいが、短期決戦で
相手投手が良い場合は、必要な手段である。特に1点でもよいから
先制点を取れれば、心理的に優位になるからである。

来期、世界一になるには、先発投手の強化と、シーズン中から
短期決戦を想定した野球を積み重ねていく必要があると思われます。
常に5試合中3勝、7試合中4勝するように見立てていくなど。
先発投手は松坂とジトを取れれば完璧ですが。。。


posted by ごん at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

NYY地区シリーズ第1戦

ヤンキースVSタイガース地区シリーズ第1戦は
8−4でヤンキースが勝利しました。
松井は無安打でした。
posted by ごん at 05:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

地区シリーズ

日本時間の今日の9時過ぎくらいから、ヤンキース対タイガースの
地区シリーズが始まりますね。楽しみだ。

昨日からフジテレビで24やってるので、見てしまう。ねむい。。。
しかし、プレゼントキャンペーンに申し込もうとして、
該当ページに行こうとしたら、なんであんあにカチカチなってるんだ?
いいかげんにしろ!!フジテレビ!!
posted by ごん at 04:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

クレメンスも薬物使用か?

米紙ロサンゼルス・タイムズは1日付で、ロジャー・クレメンス投手(アストロズ)
がドーピング(禁止薬物使用)をめぐる他の選手の宣誓供述書に、
競技能力を高める薬物を使用したとして名前を挙げられていると報じたそうです。
他にも、アンディ・ペティット投手(アストロズ)、ミゲル・テハダ内野手(オリオールズ)ら大物選手も含まれていると報じているらしい。

しかし、本当にクレメンスが使っていたんでしょうかね?
だとしたら、オリンピックに出ようなんてしないと思うんですが。
しかし、来期はどうするんでしょうかね。引退するのか、現役を続けるのか。

posted by ごん at 16:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンキースプレーオフの対戦相手決まる

ヤンキースのプレーオフ地区シリーズの対戦相手がタイガースに決まりました。
結局中地区は、逆転でツインズが優勝しワイルドカードでタイガースが進出
となりました。
posted by ごん at 13:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする